防火バリアSOFT ~不燃化処理剤~

防火バリアSOFTは、グアニジン系が主成分で有害物質はありません。

●防火バリアSOFT=無色透明タイプ(水性タイプ)浸透性防火・防炎剤

【使用用途】

木材、ポリエステル繊維、セルローズ系繊維、合成繊維、紙製品など浸透させられるものは全て防炎・防火仕様にできます。

具体例 )カーテン・絨毯・布団・エプロン・木材等

木材製品の不燃化
木材製品の不燃化
布 発火防止
布 発火防止
左:AQ塗布済/右:無処理杉板
左:AQ塗布済/右:無処理杉板

●不燃化処理剤「防火バリアSOFT」とは?
火災発生時、最も恐ろしいのは有毒ガスの吸引によるものです。現在、多くの可燃製品は原材料を石油(有機商品)に依存しており、引火しやすく、引火後に発生する、有毒ガスの吸引は避けられません。ガス吸引による身体機能低下による火災時の逃げ遅れや、有毒ガスによる死亡が確認されています。
これらの有毒ガスの発生を最小限にでき、出火時間を遅らせる目的で開発されたのが防火バリアです。防火バリアーは燃焼時における有害ガスの発生はありません。
浸透性の素材全てに塗布することが可能で、その効力は半永久的です。水性のため、布製品等は洗濯しますと、効力がなくなりますので、再度塗布する必要があります。室内繊維、木材、紙類の防火に使用できます。

●牛角の防炎・防火対策で施工を致しました●

 

【防火バリア】無機ガラス塗料での処置は、有機建材を無機にします。
AQシールドで施工している木の内部および外部は、
燃えることがなく火事の影響を受けません
驚くべき防災対策です

特長

  • 紙等の風合いが良い。白化しない。木材への浸透が良い。
  • 木材へはローラー、ハケ等で染込ませます。繊維等へはスプレーにて塗布可能。
  • 消火剤としてスプレー消火可能。
  • 一度浸透させれば効果は半永久的です

防火バリアSOFTの施工上の注意

使用上の注意と施工手順

全商品共通、使用時の注意事項】も一読下さい。

  • 木材・繊維・紙・衣服など、浸透させられる所は全て防炎出来ます。一度浸透させれば効果は、半永久的です。
  • 【注意】① 水溶性ですので、屋外では液剤が流れてしまいますので、その際はGLASS GODラスコートを完全硬化後に、重ね塗りを行って下さい。 ②繊維などに塗布後、洗濯等で水に濡れた場合は、再度浸透させて下さい。
  • 木材へはローラー、ハケ等で染込ませます。繊維等へはスプレーにて塗布可能。この際本商材をスプレーできるボトルに入れ替えてご使用下さい。また素材に浸透させる方法として、漬込みも可能で防炎仕様になります。
  • 施工上の注意を必ず守り、施工ミスの無いように施工をしてください。
  • 【施工してみましょう!】※下準備を完了させてから施工しましょう
  • ①施工物の縁にマスキングテープを貼ります。
  • ②ローラーを浸し丁寧に塗布して下さい。又は、スプレーにて塗布して下さい。(防火バリアSOFTは、水性液です)  

●防炎防火対策にて、帝国劇場の緞帳(舞台にある幕)に使用されております。

※財団法人日本防災協会 防炎試 第NUIO-11006号

国土交通省準不燃認定 【QM-0294・QM-0447】

商品LINEUPへ戻る

〒104-0061 

東京都中央区銀座五丁目6-12                MIYUKI BLDG.7F

    TEL 03-6311-7674

    FAX 03-6311-7675

  📨 info@aqshield.jp 

AQシールドの施工を紹介

AQシールドの多様な施工を紹介
AQシールドの多様な施工を紹介

週間ビル経営より取材

【週間ビル経営】記事
長寿命化塗料
AQシールド   .pdf
PDFファイル 128.7 KB
CEO Masayuki  Ninomiya
CEO Masayuki Ninomiya