グラスコート   ~フロアーコーティング剤~

多くのお客様に満足していただけるフロアーコートのハイエンドタイプです。

        1液型硬化乾燥が早く、1コートで良好な付着性を示します。

店舗床コーティング
店舗床コーティング
フローリングのコート
フローリングのコート
 多種の床にコート
 多種の床にコート
コーティングの見本
コーティングの見本

特長

  • 非常に高硬度8Hで、ワレが生じにくい、
  • 高耐久性、高防汚性、耐擦傷性、耐薬品性、アンチスリップ性。
    重歩行にも耐えるフロアー専用ハイブリッドグラスコートです。
  • 密着性が良く、各種基材に1コートで使用できます。
  • 臭気が少なく、現場作業性に優れます。
  • 塗り重ねによるメンテナンスも塗り重ね部分が判別できないほどの
  • 高レべリングを実現。
  • 滑り止め効果は乾燥時湿潤時においても業界一の性能を確保しています。
  • 塗装面はガラスを床面に一枚乗せた様な透明感のある強い被膜を実現。

グラスコートの施工上の注意

使用上の注意と施工手順

全商品共通、使用時の注意事項】も一読下さい。

  • 清掃の際は、やわらかい布をご使用下さい。
  • 床面の汚れを完全に除去してください。油分、油脂 等の除去もしてください。
  • 塗装面を綺麗に磨きます。特に油汚れ(煙草のヤニ等)が大敵ですので、キッチン用の洗剤で磨いた後、さらにアルコール洗剤を使い、最後に水分を完全にとります。※微かな水分にも反応し、曇りの原因になりうるのでご注意下さい。※快晴のもと施工を行うのが望ましいです。
  • 塗装面の微かな埃・シミが残ると、美しくコーティングが出来ません。
  • ワックス等は完全に除去してから塗布してください。
  • プラスティック等にも塗布可能ですが、必ず密着テストにて確認してから塗装してください。
  • フローリング新建材等の場合も必ず密着テストをしてから本塗装に移行してください。
  • 分子構造が小さいため、吸い込みが確認できた場合は、吸い込み防止処理、NWプライマーブロックシーラー等をあらかじめ塗布し吸い込みを止めてから塗装してください。
  • 【要注意】有機溶剤なので食品トレーは溶けてしまいますので、プラスチック・陶器等に入れて塗布して下さい。
  • リコートは可能です。
  • グラスコートをしっかりとスポンジに含ませて施工して下さい。液を長時間放置すると、硬化してしまいますのでお気を付け下さい。
  • 施工上の注意を必ず守り、施工ミスの無いように施工をしてください。
  • 【施工してみましょう!】※下準備を完了させてから施工しましょう
  • ①施工物の縁にマスキングテープを貼ります。
  • ②メラミンスポンジ・ローラー等にグラスコートを浸し、丁寧に塗布して下さい。(グラスコートは、薄膜です)
  • ③継ぎ目が生じても慌てないで!!高レベリング性能ですので、時間が経過しますと自然と平になります。
  • ④塗布後、【完全硬化】するまでの間(5日位)は、施工面への接触はお控え下さい。
  • ⑤フロアーコーティングはメンテナンスが定期的に必要となります。
グラスコート.pdf
PDFファイル 444.8 KB

商品LINEUPへ戻る

〒104-0061 

東京都中央区銀座五丁目6-12                MIYUKI BLDG.7F

    TEL 03-6311-7674

    FAX 03-6311-7675

  📨 info@aqshield.jp 

AQシールドの施工を紹介

AQシールドの多様な施工を紹介
AQシールドの多様な施工を紹介

週間ビル経営より取材

【週間ビル経営】記事
長寿命化塗料
AQシールド   .pdf
PDFファイル 128.7 KB
CEO Masayuki  Ninomiya
CEO Masayuki Ninomiya